--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.11.05

東京ラーメンショー2010・2日目 (1杯目)

gennen_ramenzero.jpg
11月3日~7日に駒沢公園で行われております、
第2回(だったっけ?)東京ラーメンショー2010。

せっかく行ったのでレポートするため、2年半ブリに更新です。

ラーメンフリークでもグルメでも無い自分。
人混みがめっぽう苦手で、イベント慣れしてない自分。

うまく伝わるかどうかわかりませんが、お暇でしたらおつきあいください。

続きを読む
スポンサーサイト
Posted at 23:31 | 好きなもの | TB(0) |
2008.03.02

しばらくのお休み。

コメントは不可設定になってます。
トラバはご自由に…
Posted at 21:38 | 自己完結 | TB(0) |
2007.10.08

『隆治』 (2007.10.08)

まーた見逃した。

とりあえずYoutubeから引っ張ってきました。

■ 徳永英明『壊れかけのRadio』



■ ゴスペラーズ『永遠に』



個人的には両者イマイチ。

ここで思うことがひとつ。

今まで見た青木隆治レパートリーの中で「これは凄い!」と思ったものの多くが、
父・ツートンのそれと重なる部分が多いと言うこと。

それは取りも直さずツートン青木というものまねタレントの偉大さと、
今の青木隆治が父親の土台のもとに成り立っている、
という事実を示すわけです。

まぁ平たく言えば隆治オリジナルネタは出来不出来が激しいということなのですが、
必ずしも不発ばかりとは言えないのが期待のしどころ。

まぁ勿論ツートンさんのネタ全部がTV公開されているわけではないので、
どれがオリジナルかの判定は結局主観でしか無いのが現状ですが…

むりやり結論。

最近は見て感動できるほどのネタが出てこないのが、少し寂しい。


以上。偉そうな御託でした。
今日一日、命あることに 感謝。


Posted at 23:47 | 好きなもの | TB(0) |
2007.09.07

ミランカの動画が再生できない (06.09.07)

メインで使用しているパソコンで、ミランカ動画が再生できなくなりました。

ログインまでは順調なんですが、
ライセンスキーを取得中にエラーが発生し、その先へ進めません。

エラーコード OPIF-EX-002-ERR-002 でググって見ましたが、
まさかの0ヒット。

どれほど~。(どんだけじゃないよ)

一応頑張って調べてやってみたこと↓

(1) Windows Update
(2) Internet Explorer、Windows Medea Playerのバージョンアップ
(3) Cookieの上書き設定変更
(4) ポップアップブロックの解除
(5) ファイアーウォール、ウィルスソフト解除

どれも効果なし。
あと残ってる手段はシステムの再インストールかXPをSP1にロールバックするぐらい。

んー、どっちも骨が折れるので却下。

一応サブ機はまだ無事なのでそっちで再生してます。
ミランカよ。早くナントカしてくれ。

以上、ミランカへのクレームでした。
今日一日、命あることに 感謝。

Posted at 15:17 | 好きなもの | TB(0) |
2007.08.19

続・しねまほりでぃ 『天然コケッコー』編 (07.08.18)

映画はぼちぼち見ていたのですが、久々に感想を書く気が湧いたので。

正直な話、夏帆が見たかっただけ。
映画見るきっかけって、そんなもんです。

天然コケッコー。

070427_kokekko_main.jpg

島根の田舎が舞台の青春恋愛映画。

2時間の映画に約1年半を詰め込んであるので、時間の流れは結構早め。

といっても特にあっと驚くような結末があるワケじゃなく、
基本的にお話はゆっる~いスタンスでお話が進みます。

少々コメディタッチですがドタバタはせず、最後までゆったりのんびり。
スローテンポに癒されます。

お話のキモは主人公・右田そよ(夏帆)の恋。
ただ恋愛と言っても田舎+中学生なだけあって内容は爽やかそのもの。
どこぞのドラマみたいにいきなり妊娠とかは全然ありません。

一応キスシーンもあるんですが、
キスと言うよりは唇を突っつき合わせてるだけで色気は0。
全国公開の映画でぎこちないキスシーンってなんだか新鮮でした。

恋愛描写の甘酸っぱさMAX。
非常に好き嫌いの分かれる演出だったと思います。


それにしても夏帆は可愛すぎる。
流石は11代目リハウスガールです。(誉めモード突入)

他にクラスメートやら近所の人やら出てくるんですが、
夏帆ひとりが異次元の可愛さのため画面上では完璧に浮いてました。

そこらへんを方言(石見弁?)でカバーしてるんでしょうが、
出来がどうなのかはともかくとして、
余計にボクのツボにinしているのは言うまでもありません。

だってあんなカワイイ顔して一人称『ワシ』ですよ。

優勝です。(何の?)

そしてファンサービスなのか、上半身だけですがスクミズも披露。
そこで気づいたのは、

意外とチチがある。

天は二物を与えるもんですね。


さてと、

なにやら後半は戯言しか書いてないような気がしますが、
以上、天然コケッコーの感想でした。
今日一日、命あることに 感謝。


Posted at 01:50 | 映画 | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。