--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007.08.19

続・しねまほりでぃ 『天然コケッコー』編 (07.08.18)

映画はぼちぼち見ていたのですが、久々に感想を書く気が湧いたので。

正直な話、夏帆が見たかっただけ。
映画見るきっかけって、そんなもんです。

天然コケッコー。

070427_kokekko_main.jpg

島根の田舎が舞台の青春恋愛映画。

2時間の映画に約1年半を詰め込んであるので、時間の流れは結構早め。

といっても特にあっと驚くような結末があるワケじゃなく、
基本的にお話はゆっる~いスタンスでお話が進みます。

少々コメディタッチですがドタバタはせず、最後までゆったりのんびり。
スローテンポに癒されます。

お話のキモは主人公・右田そよ(夏帆)の恋。
ただ恋愛と言っても田舎+中学生なだけあって内容は爽やかそのもの。
どこぞのドラマみたいにいきなり妊娠とかは全然ありません。

一応キスシーンもあるんですが、
キスと言うよりは唇を突っつき合わせてるだけで色気は0。
全国公開の映画でぎこちないキスシーンってなんだか新鮮でした。

恋愛描写の甘酸っぱさMAX。
非常に好き嫌いの分かれる演出だったと思います。


それにしても夏帆は可愛すぎる。
流石は11代目リハウスガールです。(誉めモード突入)

他にクラスメートやら近所の人やら出てくるんですが、
夏帆ひとりが異次元の可愛さのため画面上では完璧に浮いてました。

そこらへんを方言(石見弁?)でカバーしてるんでしょうが、
出来がどうなのかはともかくとして、
余計にボクのツボにinしているのは言うまでもありません。

だってあんなカワイイ顔して一人称『ワシ』ですよ。

優勝です。(何の?)

そしてファンサービスなのか、上半身だけですがスクミズも披露。
そこで気づいたのは、

意外とチチがある。

天は二物を与えるもんですね。


さてと、

なにやら後半は戯言しか書いてないような気がしますが、
以上、天然コケッコーの感想でした。
今日一日、命あることに 感謝。


スポンサーサイト
Posted at 01:50 | 映画 | TB(0) |
2007.05.23

『大事なのは主張があるかないか』 (07.05.23)

今週のやぐちひとりにて、ちょっと気になる映画を発見。

scaner.jpg
『スキャナーダークリー』
主演はキアヌ。キアヌ・リーブスです。

最大の特徴は映像

↑の画では分かりづらいですが、
なんでも一度実写で撮って、上から色を塗ってアニメに仕上げているそうな。

うわメンドクサっ
ザ・2度手間ムービーですね。

実写ベースではありますが、一応アニメに分類される模様。

撮影段階ではアニメになることを知らなかった役者さんもいて、
監督があとから「言ってなくてごめん」って謝ったらしいですw

自分の実写だと思って出来上がりを見たら、
そら役者さんもビックリしますわな。

ちなみに内容はドラッグが蔓延する世界を描いたSFモノ。

んー。あんまり見ないジャンル…
Yahoo!映画のレビュー評価はまぁまぁでした。

レンタルが準新作に落ちる頃に借りてみようかな?


以上、気になる映画情報でした。
今日一日、命あることに 感謝。


Posted at 19:39 | 映画 | TB(0) |
2006.11.21

『キャッツ!にゃー!×3』 (06.11.21)

キャッツ面白い。

劇団四季のほうじゃないよ。
木更津ね、木更津キャッツアイ


放送当時は個人的に忙しくて2、3回ちらっと見ただけだったんですが、
最近ひょんな理由でちゃんと見るようになりまして。

まぁちゃんとと言っても、
ドラマ最終回と日本シリーズはまだ見ていません。

順序めちゃくちゃ。ですね。


ん~。
にしてもワールドシリーズはポロポロ泣いてしまいました。
感動!とまでは言わないですが、
笑って、泣けて、良い映画でした。

それに『あっ!あれあの時の』って仕掛けがたくさんあって、
きっと観た後にドラマや日本Sを見返したくなると思います。

って日本Sは見てないってさっき言ったか。


なーんて映画の話をするコーナーをかつて作っていたりしたのですが、
(過去記事参照)
モチベーションそこまで持っていくのが正直しんどくなったので、
こうやって普通の日記に混ぜて感想なぞ書いていこうと思います。

なんかね、コーナーとか重いよ。うん。
この方がらくちん。
プロじゃないんだからマネゴトはおしまい。
↑とかいってカテゴリ登録はちゃっかりしていたりする。

さて、あしたも早いから寝るっ。


それではきょうはこのへんで。
また読んでもらえるともれなくボクが救われます。
今日一日、命あることに感謝。


Posted at 02:56 | 映画 | TB(0) |
2006.08.02

しねまほりでい6 ハチミツとクローバー (06.08.02)

しねまほりでい。路線変更してこそっと再開。
何回目なのか調べないとわからないくらい久々でした。

一応6回目(らしい)。

ハチミツとクローバー→公式サイト
hatikuro.jpg

一言にして、
諦めない気持ちが総てを動かす。そんな感じ。


メインキャラクターは全員美大生。
一般人には遠い存在(キャラ)ながらも、

生き方、考え方に自分と似たところがあったり。
過去にした、もしくは今している恋愛とどこかつながったり。
ちょっとしたことで喜んだり、漠然と将来に不安感じていたり。

非日常の舞台に自分の日常の断片がほんのりと溶けている。

それが絵画や彫刻といった『芸術』というフィルターを通して、
とっても温かく、やさしい作品に仕上がっていました。

ちなみにボクは原作を知りません。

そしてこれはたぶん「ハチクロ」自体がもつ魅力であって、
厳密には映画の印象といえないのかもしれませんが、
映画を見ただけでこの印象を受けたのは確かです。

ただ、原作を読んでいたらどんな印象を受けただろう?とも思います。

この手の映画は原作ありきで観てしまうと
ガラッと印象が変わってしまうものですからね?

そのうち原作を読んで「原作がいい」と思うのか「映画がいい」と思うのか、
はたまた「どちらもいい」となるのか。

あ、あと「アニメがいい」って人もいるんでしょうか?

とにもかくにも、それを確かめるには時間とお金が必要です。
今月は骨折の通院だの入院だの治療代だのでそんな余裕がありません…

ハチクロよ、もう少し待っていてくれ…。


それではきょうはこのへんで。
また読んでもらえるともれなくボクが救われます。
今日一日、命あることに感謝♪



Posted at 16:36 | 映画 | TB(0) |
2006.06.16

タイヨウのうた (06.06.16)

YUI主演の『タイヨウのうた』がいよいよ明日公開ですね。
yui_tw.jpg

YUIはデビュー当時から個人的に注目していたアーティストなんですが、
ここにきて本格的に全国区でしょうか。
まぁ1stアルバムが結構当たったので既に全国区っちゃぁ全国区なんですけど。

個人的には声がツボなんすよねぇ。あと歌い方?
Tmorrow's way(2nd single)の、

♪幼き日々に描いたうちゅうーぃ

の「うーぃ」んところがツボにゲシンゲシン入りまして。
繰り返し聞いちゃ「うーぃ」だけ一緒に口ずさむ始末。
もちろん歌詞も楽曲もいいからこそ売れたワケなんですけど、
自分としては「うーぃ」だけで十分でした。

映画ではどんな演技を見せてくれるんでしょうか。
期待して見に行きます。

それではきょうはこのへんで。
また読んでもらえるともれなくボクが救われます。
今日一日、命あることに感謝♪


Posted at 16:28 | 映画 | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。