--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.11.26

『アイツには勝てない…』 (06.11.26)

自分はモノマネ番組が大好きでして、
録画してでも見てしまうタチなんです。

最近ではフジの『細かすぎて伝わらないモノマネ選手権』が
ブームの火付け役となり、マニアックから本格派まで、
多種多様のモノマネ番組が作られるようになりましたね。

そんなモノマネ業界に、ひと際才気を放つ一人の男がいます。

その男、青木隆治aoki.jpg

古畑仁三郎や美空ひばりのモノマネで知られるツートン青木を父にもつ、
正真正銘、筋金入りのモノマネサラブレッドなんです。

特徴のとらえ方、変幻自在の声色、抜群の歌唱力。
そして、ルックス。

モノマネを生業とするタレントとして非の打ち所がないのです。
はっきりいってモノマネだけやらせるのが勿体ないくらい。

親の七光りとはよく言ったものですが、
これはもう完全なる親父越えです。

実際日テレのモノマネ特番でツートン青木と同じ曲を歌ったことがあるのですが、
明らかにクウォリティで上をいっていました。

一度でも観た方は多少なりとも共感してもらえると思うんですが、
もう誰も勝てないです。勝てる気がしません。

ちなみに現在ボクが確認できているレパートリーは、

小野正利、ポルノのアキヒト、尾崎豊、森山直太朗。

本格派の王道をゆくラインナップですね。
しかもそれぞれが特A級のクウォリティ。

今後はどれだけバリエーションをつくってくるのかが楽しみです。


それではきょうはこのへんで。
また読んでもらえるともれなくボクが救われます。
今日一日、命あることに感謝。


スポンサーサイト
Posted at 02:33 | テレビ | COM(3) | TB(0) |
2006.11.22

『隣の芝生は青い。と言うお話です』 (06.11.22)

そんなつもりじゃ無いんです。

ただよくよく調べてみると、結果が物語るのです。

隣の芝生は青い

とまぁ堅っ苦しく書き出しましたが、なんのことはありません。
恋愛事情のお話です。

………………

自分、道に迷っております。

ここ数年。
好きになる女の子にある傾向が見られます。それは…


昔の男が忘れられない女。


別に選んでいるわけではないのです。
あっしはわざわざ高い障害に挑むほどメガプレイボーイじゃござんせん。

しかも、

『昔の男と縒りを戻したい』

とか言うベッタベタな相談に、何故かちゃんと乗ったりします。
この局面でまさかのエールです。

そこでわざと破局するように仕組むのが一人前のジゴロ(死語)なのですが、
無理です。できません。そんなことする気も起きません。


バカなんですよね。きっと。
大馬鹿野郎です。


いっそさっさと告白して嫌われるかナンカしてしまいたいですが、
無理です。できません。あとの気まずさに耐えられません。


あ!↑やっぱこいつバカです。
シャイニングバカタレです。

てか、もともと嫌われてるって事も。

………………


♪それでもぉ~恋はぁ~恋ぃ~


お粗末。


それではきょうはこのへんで。
また読んでもらえるともれなくボクが救われます。
今日一日、命あることに感謝。


Posted at 00:24 | コイバナ | TB(0) |
2006.11.21

『キャッツ!にゃー!×3』 (06.11.21)

キャッツ面白い。

劇団四季のほうじゃないよ。
木更津ね、木更津キャッツアイ


放送当時は個人的に忙しくて2、3回ちらっと見ただけだったんですが、
最近ひょんな理由でちゃんと見るようになりまして。

まぁちゃんとと言っても、
ドラマ最終回と日本シリーズはまだ見ていません。

順序めちゃくちゃ。ですね。


ん~。
にしてもワールドシリーズはポロポロ泣いてしまいました。
感動!とまでは言わないですが、
笑って、泣けて、良い映画でした。

それに『あっ!あれあの時の』って仕掛けがたくさんあって、
きっと観た後にドラマや日本Sを見返したくなると思います。

って日本Sは見てないってさっき言ったか。


なーんて映画の話をするコーナーをかつて作っていたりしたのですが、
(過去記事参照)
モチベーションそこまで持っていくのが正直しんどくなったので、
こうやって普通の日記に混ぜて感想なぞ書いていこうと思います。

なんかね、コーナーとか重いよ。うん。
この方がらくちん。
プロじゃないんだからマネゴトはおしまい。
↑とかいってカテゴリ登録はちゃっかりしていたりする。

さて、あしたも早いから寝るっ。


それではきょうはこのへんで。
また読んでもらえるともれなくボクが救われます。
今日一日、命あることに感謝。


Posted at 02:56 | 映画 | TB(0) |
2006.11.18

『夢のような時間でした…』 (06.11.18)

ミランカ内村さまぁ~ずの#2の配信が始まりました。

前回はゲストにつぶやきシローを迎えて、仲良し3人ツアーでしたが、
今回は『タクシー途中下車の旅』と称して3人のぶらり旅、と言う内容でした。

ゲストMCはバナナマン日村。

出来はというと…内村さんをして『夢の回』と言わしめるものでした。

ちなみに夢の回とは、

内村曰く、『後々伝説になる』
三村曰く、『飲み会になると語られる』

つまり『あの回は夢だったんじゃないか?』
と思うほど訳の分からない回。ということらしいです。

確かにワケ分かりませんでしたw。

個人的にツボにはいったのは「町の自慢ベスト10」。
道ばたにあるモノを面白くいじっていくだけのコーナーなんですが、
ちょっと変わった看板をいじっている大竹に向かって内村が一言

投稿特ホウ王国みたいだな』

懐かしい!久々に耳にしたキーワードに思わず笑ってしまいました。


内Pでも時折夢の回はあったようですが、
キーワードとして世に出したのは今回が初めてかも知れませんね。

そんな夢の回でものほほんとオモシロくしてしまう。
これも内村さまぁ~ずの醍醐味?って感じです。


それではきょうはこのへんで。
また読んでもらえるともれなくボクが救われます。
今日一日、命あることに感謝。


Posted at 00:17 | 好きなもの | TB(0) |
2006.11.17

『はーぴばーすでーとぅー…』 (06.11.17)

ミーです。

ケイです。

二人合わせてピンクレディーです。

………………
違います。

はーぴばーすでーとぅー…ミー(me)なんです。
しかも今日じゃなくて昨日です。

四捨五入でギリギリ20代キープの歳になりました。
世間的には立派な大人です。

………………
フリーターですが何か?

そろそろ後ろ指指されても文句が言えなくなってきましたねぇ…。

とりあえず何の変化もないのも味気ないので、
管理任名をほぼ本名に変えました。

どうも『ゆうくん』です。

改めてよろしく。


それではきょうはこのへんで。
また読んでもらえるともれなくボクが救われます。
今日一日、命あることに感謝。


Posted at 14:25 | 自己完結 | TB(0) |
2006.11.15

『やっぱり内村!やっぱりさまぁ~ず!』 (06.11.15)

内村さまぁ~ず

この『ミランカ』で配信中のバラエティ番組が、今アツいのです。

ご存じウンナン・内村光良とさまぁ~ず三村・大竹の3人が
配信という形で世に打ち出す、本格派脱力系バラエティw

製作は内村プロデュースでおなじみケイマックスとくれば、内容は推して知るべし。
あの内P独特のグダグダでスローなお笑いが楽しめます。

アツい。ヤバイ。間違いない。

ただし、残念ながら第1回の配信は終了。
現在は第2回の配信が行われています。
今後は月に2回のペースで配信を行い、来春にDVDを発売する予定。

視聴にはミランカへの登録が必要ですが、お金はかかりません。
タダです。凄いです。
もちろん面白さも補償つき!

これで人生の楽しみが一つ増えましたっ!
やっぱり内村!!
やっぱりさまぁ~ず!!


それではきょうはこのへんで。
また読んでもらえるともれなくボクが救われます。
今日一日、命あることに感謝。



Posted at 02:17 | 最近の話題 | TB(2) |
2006.11.14

『やめてないですってば。』 (06.11.14)

やめてませんよ。

1ヶ月もほったらかしでしたね。

さすがに自分でも

『あれ?アイツやめたかな?』

と思いましたよ。

いやいやいやいや。

しつこいようですが、やめてません

何でやめないのかって?

…………

理由がないからです。

あと、

気が向いたからです。

あと、

『アイツ、ミーハーでブログ始めたけど結局1年もたなかったね』

と揶揄されるのが怖いのです。

…………

しかし、このようなキーワードの立ち並ぶコンテンツを、
一体どんな方がご覧になるのか分かりません。

でも書きます。

頑張ります。

頑張る努力はします。


それではきょうはこのへんで。
また読んでもらえるともれなくボクが救われます。
今日一日、命あることに感謝。


Posted at 01:39 | 好きなもの | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。