--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.01.15

バイト+カレー+将来への不安=自分 (06.01.15)

今から書くのは、耳寄りなオススメ情報でも、毅然とした自己主張でもなく。
他愛もない、ボクの心の声です。



ボクが行っていた某大学の最寄り駅。
そこからほど近い場所に一軒のカレー屋さんがあります。

そこには大学1年の頃から5年弱、ずっと通い続けています。

在学中はしょっちゅう仲間とそこに行って、
バカな話や、真剣な話をしながらカレーを食べていました。

卒業した今も週に1度は通っています。

ただし、ひとりで。

かつての仲間は既に就職し、方々へ散り散りになっていて、
気軽に誘えるわけがありません。

仲間内で唯一フリーターとなったボクだけが、
今もなお、通い続けています。

そして今日。

いつものようにカレーを淡々と平らげ、お会計をしていると、

「気をつけて帰りな」

と、店のオヤジさんから一声。ボクは

「はい。気をつけます。」

と短く答え、店を後にしました。

その帰り道、

「そろそろフリーター歴も1年。
 いつまでもバイトを続けるわけにもいかない。
 今年は就職活動をしようか…。」

近い将来に対する思いを巡らせながら車を走らせていると、ふと思いました。

「もし、就職をしたらあそこに通うのは無理だろうなぁ…」

その瞬間、自分の一部がゴッソリ抜け落ちるような感覚に駆られ、

気づいたら泣いていました。

これを書いている今も半ベソです。



たくさんの思い出が詰まっている、いつものカレー屋さん。

そこは今、紛れもなくボクの一部です。

でもきっと、いつか切り離さなければならないときがやってきます。

その心の準備は、まだできていません。

それでも、いつか必ず来る未来です。

そして、遠い将来。

カレー屋さんのことを忘れてしまうかも知れません。

今はそれを思っただけで、涙が出てしまいます。

だから、

ボクがそのカレー屋さんを思って泣いたことを、

ここに書き留めておきます。

忘れてはいけないことだと思うから、
何度でも思い出せるように書き留めておきます。

ただ、それだけです。

おしまい。

それではきょうはこのへんで。
また読んでもらえるともれなくボクが救われます。
今日一日、命あることに感謝♪


P.S. カレー屋さんへ(読んでるわけ無いけど)
また1週間もしたら行きますんで。
多分そっち行くの遅いと思うんですけど、できればいつものヤツとっといて下さい。

マウスで描いたいつものやつ
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://thanksmegalife.blog34.fc2.com/tb.php/27-2528584d
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。