--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.08.02

しねまほりでい6 ハチミツとクローバー (06.08.02)

しねまほりでい。路線変更してこそっと再開。
何回目なのか調べないとわからないくらい久々でした。

一応6回目(らしい)。

ハチミツとクローバー→公式サイト
hatikuro.jpg

一言にして、
諦めない気持ちが総てを動かす。そんな感じ。


メインキャラクターは全員美大生。
一般人には遠い存在(キャラ)ながらも、

生き方、考え方に自分と似たところがあったり。
過去にした、もしくは今している恋愛とどこかつながったり。
ちょっとしたことで喜んだり、漠然と将来に不安感じていたり。

非日常の舞台に自分の日常の断片がほんのりと溶けている。

それが絵画や彫刻といった『芸術』というフィルターを通して、
とっても温かく、やさしい作品に仕上がっていました。

ちなみにボクは原作を知りません。

そしてこれはたぶん「ハチクロ」自体がもつ魅力であって、
厳密には映画の印象といえないのかもしれませんが、
映画を見ただけでこの印象を受けたのは確かです。

ただ、原作を読んでいたらどんな印象を受けただろう?とも思います。

この手の映画は原作ありきで観てしまうと
ガラッと印象が変わってしまうものですからね?

そのうち原作を読んで「原作がいい」と思うのか「映画がいい」と思うのか、
はたまた「どちらもいい」となるのか。

あ、あと「アニメがいい」って人もいるんでしょうか?

とにもかくにも、それを確かめるには時間とお金が必要です。
今月は骨折の通院だの入院だの治療代だのでそんな余裕がありません…

ハチクロよ、もう少し待っていてくれ…。


それではきょうはこのへんで。
また読んでもらえるともれなくボクが救われます。
今日一日、命あることに感謝♪


スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://thanksmegalife.blog34.fc2.com/tb.php/65-9daf6211
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。