--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006.02.11

しねまほりでい5 「最終兵器彼女」 (06.02.10)

しねまほりでい第5回。

今回のシネマは「最終兵器彼女」です。(ネタバレ注意!)

と、書き始めたのは良いのですが、ここでひとつお断り。
この記事を書いている途中で一回PCが落ち、作業がパァに。

てなわけで、著しくやる気が失せています。
投げやりっぽいですが悪しからず。

ではスタート。

saikanomv.jpg

エンジェルから一言『CGが凄いです。綺麗です。ちせ、まさに最終兵器。』
ダークから一言『……標準語か………』
※ダーク&エンジェルの意味が分からない人は「しねまほりでい」を古いのから読んでね

サイカノ(最終兵器彼女の意)実写化と聞いてまず思い浮かんだのは、
草ナギ剛主演でTVドラマ化された「いいひと。」です。

当時その原作とはあまりにかけ離れた主人公っぷりで
賛否両論の嵐だったそうな。
原作者の高橋しん氏もいいひとコミックス最終巻で
その胸中を語っていたのを覚えています。

まぁボクはガキだったので楽しく見てましたけど、
今見たらきっと違和感バリバリですかね。



さて、サイカノはどうかというと…

まず見ていて「あれれ?」と思った点が2つ。

一つ、セリフが全て『標準語』であること。
一つ、キャラのイメージがあまりに違うこと。

原作では殆どのキャラクターたちのセリフが
物語の舞台である北海道の方言で書かれており、
作品の世界観を彩る重要な要素となっています。

しかし、映画では全編標準語。

「~べさ」「なまら」「めんこい」など、
方言だからこそ伝わる温かみが標準語になることで消えてしまいました。
そして何より残念だったのは、作中何度も登場するちせの印象深いセリフ

「ごめんね」

この言葉のイントネーションは方言のそれでなけばダメなんです!
少々感情的な意見かも知れませんが、言語の持つイメージは大切です。
アニメではちゃんと方言だったのに…ホントに残念でした。

そして、キャラのイメージ、特にビジュアルについて違和感が。
一番に気になったのはシュウジです。

大柄で言葉少なで、少し怖い感じ。ここまではOK。

しかし、髪は長めで重たい黒、何よりメガネをかけていないという始末!

彼のメガネは原作読者から見て明らかにトレードマークだったはずです。
なぜ、無くしてしまったんでしょうか?明らかにマイナスです。

映画版ストーリーの展開上、意図的に見た目や性格を
変えざるを得ないキャラがいるのは仕方がないにしても、
せめて主役クラスは原作に忠実であって欲しかったです…。



一方、良かった点もあります。

それはCG映像。

冒頭での札幌空襲を初め、数々の戦闘において
思っていたより、ちせは「最終兵器」でした。

原作にはない敵殲滅シーンや、ラストの最終防衛モード(名称うろ覚え)は、
結構見応えがありましたね。

また、ちせの羽根も意外とマッチしていて、
戦闘の度に少しずつ変化していく形状や、
生えたりしまったりする動作も「なるほど」って感じで見れました。

時々物理法則無視して巨大化するのは、まぁご愛敬ということで。



さて、ここでようやく全体的な印象です。

あれだけのボリュームがある原作を限られた時間内に納めた分、
多少表層的になってしまっている感じを受けました。
ラストへの展開もかなり急ぎ足で、落ち着きがなかった気がします。

ただ、これは裏を返すと「多少表層的」程度で済んだのは
結構凄いことなのかな?とも思えます。

先にも述べましたが、あれだけ原作と違う演出をし、
ストーリーを変え、なかば強引にラストに持っていったにもかかわらず、
不思議なことにちゃんと「最終兵器彼女」なんですよね。

これが原作の持つ力なのか、演出の妙なのかボクには分かりませんが、
見終わった後に「こんなのサイカノじゃない!」
って思わなかった事が今でも不思議でなりません。

そろそろ公開も終わってしまいますが、
実写を敬遠している原作ファンの方、一度見てみてください。

意外と「最終兵器彼女」です。

以上。しねまほりでい5でした。
次回は「フライトプラン」を予定しております。

それではきょうはこのへんで。
また読んでもらえるともれなくボクが救われます。
今日一日、命あることに感謝♪


続きを読む
Posted at 02:56 | 映画 | COM(4) | TB(0) |
2006.01.30

しねまほりでい4 「ピーナッツ」 (06.01.30)

久々のしねまほりでい。
今回からダーク&エンジェルは一言だけにします。(←映画カテゴリ参照)
あとは自由にいきます。(理由:疲れる)

じゆう~ってすばらしーいー。(出典:マイナスターズ

それでは本題。

しねまほりでい4 「ピーナッツ」

peanuts2.jpg

エンジェルから一言『5回泣きました。内Pファンなら絶対観るべし。』
ダークから一言『お笑い芸人に演技力を求めちゃいけないよね』


(ここで一つ大前提。ボクは内Pが大好きです。)

ご存じウッチャンナンチャン・内村光良、初の監督作品。
ウッチャンは監督の他、脚本・主演の三足のわらじを履く。

内村プロデュースのレギュラーメンバーをメインキャストに起用し、
その脇をベンガル、佐藤めぐみといったプロの役者が固める。

そのほかに竹中直人、くりぃむ有田、ウド鈴木など
ゲスト出演者も注目である。

また、ロケットマンことふかわりょうが劇中曲の作曲を担当。
芸人・ふかわとは別の魅力を発揮している。

と、映画のアオリ文句は兎も角、素直な感想は

「内Pってやっぱりおもしろい」

です。

あと、不覚にも何回か泣いちゃいました。

涙の誘い方は至ってシンプルなのですが、
役者陣に個人的な思い入れがあるせいか、
案外と簡単に泣いてしまいました。

演技力に関しては、本業ではないお笑い芸人のそれを、
ベンガルさんらプロ役者が大きくサポートしていました。

特に冒頭、内村扮する秋吉光一が
三村扮する相良和雄の店を訪ねるシーン。

2人の演技のまぁ堅いこと堅いこと…。

そこに相良の妻役・中島ひろ子さんが登場すると、
場が締まる締まるw

やはりプロは凄いです。

一方お笑い陣は、
各々が各々にしか出せない雰囲気で個性的なキャラクターを演じ、
他の映画とは一線を画した仕上がりになっていました。

話は変わって野球シーン。

「がんばれベアーズに影響を受けた」と監督自らが言うとおり、
試合の展開・結末はほぼ一緒。(ラストに1点及ばずってやつです)

ベアーズ知ってる人にはちょっと物足りないんでしょうかね?

また、なるべくCGを使わない事をモットーに、
ピーナッツメンバーが体当たりの演技。

気合いの伝わる映像でした。

特に9回表、秋吉がファールフライを追って
ピーナッツベンチに突っ込むシーンでは、
リテイクを繰り返す内村さんが撮影中バランスを崩して転倒。
病院に運ばれる騒ぎにまでなったそうな。

まぁなんだかんだいって、内P好きにはたまらない一作となりました。

ウッチャンが内Pメンバーを好きで、メンバーもウッチャンが好きで。
だからこの映画が生まれたんだなぁ、と思います。

今のところ上映館数が非常に少ないため、
見ることができない方々もたくさんいらっしゃるとおもいますが、
内Pファンなら是非、見ていただきたいです。

笑います。泣きます。

以上。しねまほりでい4「ピーナッツ」編でした。

それではきょうはこのへんで。
また読んでもらえるともれなくボクが救われます。
今日一日、命あることに感謝♪

続きを読む
Posted at 21:13 | 映画 | COM(2) | TB(1) |
2005.12.19

しねまほりでい③「SAYURI」

しねまほりでい第3回。

前のからちょっと間を置きすぎたか。まいいや。
あと5、6回続いたらちゃんとカテゴライズします。

今回はダーク(疑心)エンジェル(純心)の対話みたいにしました。
んー…手法に限界を感じる。(参照①ALWAYS②大停電の夜に

ネタバレがあるので見てない人注意。

でわ改めて。

しねまほりでい③「SAYURI」
SAYURI


<情報>

監督:ロブ・マーシャル
製作:ルーシー・フィッシャー、ダグラス・ウイック、スティーブン・スピルバーグ
原作:アーサー・ゴールデン
出演:チャン・ツィイー 、渡辺謙 、ミシェル・ヨー 、役所広司 、桃井かおり、コン・リー

上映時間:146分
公式サイト:http://www.movies.co.jp/sayuri/main/main.html

<日本文化は大切に!指数> 88pt (100ptで満点)


<感想>

ダークサイドさん(以下ダーク):
冒頭で「Memories of Geisha」の文字。

なんか横文字でGeishaってダウンタウン思い出しちゃうんだよなぁ…。
ゲイシャガールズに思いを馳せつつ、

「外国人のゲイシャねぇ…さてさて如何ほどか」

などと、日本人として上から目線で鑑賞開始。

………


エンジェルサイドさん(以下エンジェル):

はて?「ゲイシャ」ってなんや?

そもそも自分に芸者ってのが何なのか、基礎知識がないぞ。

日本人としてちょっと恥ずかしく思った。
絶望した。久米田の影響です)

なので、この映画が歴史文化に忠実なのかどうか判断できません

だいたいのイメージだと歌って、踊って、お酒を飲んで、銭を稼ぐ
…なんか酷く矮小だなぁ。と猛省。


ダーク:
ともかく鑑賞スタート。

はじまるや、波荒れる海岸に古びた一軒家。
部屋の明かりは僅かなロウソクの灯のみ。
家主らしき人物と、客人が慎重な面持ちで会話をする。
そして、馬車の荷車に乗せられ連れ出される2人の少女。

やがて汽車に乗り、行き着いた先は賑やかな街。
自動車が走り、ラジオが聞こえる。
少女たちが暮らしていた家とは、まるで別世界である。


さて、何時代どこですか?

冒頭近くでヒトラーの話が出たり、後半で太平洋戦争が始まったり終わったりなので、
史実に基づけば昭和初期~終戦かと思われる。

ん~…にしては前半が時代劇チックすぎるような…。
ドアタマなんか江戸時代かと思ったし。

あ、場所は京都だって言ってたな。

まぁ結局はさっきと同じ。
歴史知識の無さが災いして巧くツッコめない…。
ただ、なんとなく「創り」が入っている感じはした。
ま、ある程度は適当な方がいいのかもね。
非現実的な感じが出るから。


エンジェル:
さて。時代設定は兎も角。冒頭~中盤の映像は好き
いい意味で違和感のある画面は嫌いじゃない。

着物を着た少女の目が碧い。とか。
家の中はロウソクでも街灯は電気。とか。
馬車と自動車が入り乱れた街の喧騒。とか。

巧く表現できませんが、「スイカに塩をかける」感覚に似ています。
まぁ組み合わせを失敗してしまうと酷い味になるのですが、
この映画の味付けは何となく好きです。


ダーク:
しかし、後半に米軍だの戦闘機だの原爆だの出てきたあたりから
なんかあそこで世界観壊れちった。ざんねん。


エンジェル:
いやぁ…
にしても可愛かった
何が?って、サユリ幼少期の子役がですよ。

大後寿々花(おおごすずか)ちゃんと言うそうです。

調べたら「北の零年」で渡辺謙に気に入られて、その推薦で抜擢されたとか。
本編では終始碧眼コンタクトでしたが、ぜひ黒い瞳を拝見したいです。
「北の~」はいつか借りて観ます。


ダーク:
でもねぇ…かわいいんですけどねぇ…
さすがに言語の壁を感じますよ。

寿々花ちゃんの

「うぇあいずまいしすたー!」(Where is my sister !)

が、もうなんて言うか…NHK教育ですか?えいごであそぼですか?
ま、カワイイから許す♪(をい)

ただ、寿々花ちゃんだけでなく、その他日本人の英語も結構気になるところ。

発音が丁寧すぎるというか、
英語が得意でないボクでも聞き取れてしまうような箇所がちらほら。

「ネイティブイングリッシュはもっと聞き取りづらいぞ」
と、教科書通りの英語にかえって違和感。

渡辺謙って一応米国では認められたんだよね?てことは英語はあれでOKなのか……?
ラストサムライバットマンビギンズも見ていないので、なんとも言い難い。

そして…
オペレッタ狸御殿でも違和感たっぷりだったチャン・ツィイーの日本語は相変わらず。

「オネェサン。アリガト、ゴザイマス。」

ってトークマンでギリギリ聞き取れるかどうかの日本語を惜しげもなく披露。

子供の頃は英語が下手で、大人になると日本語が下手で。

いっそ大人のサユリは日本語しゃべらんほうが良かった気がする。
見てるうちにだんだん気にならなくなるけど、もうちょっと何とかして欲しかったですね。


エンジェル:
ともあれ、言語の違いのおもしろさは再発見できました。

劇中でいろいろな日本語が英訳されていますが、
あの日本語は英語だとそうなるんだぁ。とか。
そのままの日本語音を使うことでかえって強調されるのねぇ。とか。

いくつか聞き取れない言葉もあったので、今後DVDで観る際は英語字幕で見てみたいです。


ダーク:
最後に。
別にハッピーエンドじゃなくて良かったかな。
むしろ最後に「愛」とか持ってこられると逆に醒めてしまう。

最後まで「浮世離れ」していてもらいたかった。ちょっと残念。


以上。

こういう対話形式は筆がノらないときの進みの悪さと、
ノリすぎたときの長文ぶりとで、扱いがちと困難かも。

今回は気持ちよくかけました。(代わりに長いけど)

さてさて、だいぶ疲れてきたので本日はお開き。
今日も一日、生きてたことに感謝♪



Posted at 19:37 | 映画 | TB(1) |
2005.12.05

しねまほりでい2.5 「大停電の夜に」 追記

映画感想本編はこちら

注)サンタを信じてる人は読んじゃダメだよ。

映画ではサンタクロースがマジで存在する設定のようですね。(←間違ってたらすいません)

実家を離れ、一人暮らしを初めて早4年。
恋に恵まれなかったボクには、クリスマスってものが縁遠かったのですが、ふと

「サンタがいる」

って何歳まで信じてたかなぁ…と考えてしまいました。

小3ぐらいまでなら8割方信じている。

というアンケート結果が何かで紹介されていたらしいですが、
わたしゃ案外と早めに「サンタ=親」と認識していた記憶があります。

小学校低学年にはなんとなーく…。
まぁ冷めた子供だこと…。

仕舞いには

「サンタはプレゼントをあげる気を起こさせてくれる神様のこと」

とかいう自分設定をつくってましたね。

自分ではこれ結構イケてると思ってるんですけど、
友達や知り合いの反応はイマイチだったりします。

このほうがバレるとかバレないとか気にしなくて便利ですよね?
そこそこ夢もあるし。

何でも擬人化すればいいってもんじゃないと思いますけどねぇ…。

ま、今年もシングルベル(死語)ほぼ決定なので、
クリスマスの話題はこのくらいにしておきます。

愛が欲しい。助けて白石さん。(流行に乗ってみた)

<TB報告>

映画のお話から英語学習ネタを発掘している方からTB頂きました。
http://www.choibiki.com/modules/weblog8/details.php?blog_id=19

英題は"Until the lights come back"ですかぁ…。
文化の違いっておもしろいっす。



「笑いも涙も感動も期待しない方が…」辛口批評の方からもTBいただきました~。

http://ameblo.jp/take-chan/entry-10006751496.html#cbox

すいません。ボクはちょっと泣いちゃいました。



どもありがとうございます~(^_^)

といったところで本日はお開き。
今日も一日、生きてたことに感謝♪

続きを読む
Posted at 01:47 | 映画 | COM(9) | TB(4) |
2005.12.02

しねまほりでぃ② 「大停電の夜に」

しねまほりでい2回目。エンジェル&ダークのスタイルを暗中模索中。
※ネタバレ注意!

大停電の夜に

大停電の夜に

監督:源 孝志
キャスト:豊川悦司、田口トモロヲ、原田知世、吉川晃司、寺島しのぶ
  井川遥、阿部力、本郷奏多、香椎由宇、田畑智子、淡島千景、宇津井健、 他
公式サイト:http://www.daiteiden-themovie.com/
上映時間:2時間12分

あらすじ:各自ググってください→大停電の夜に あらすじ

オシャレ指数:4オシャレ (←勝手に創った。5段階評価)

[Q1] どんな映画だった?
[Q2] どのキャラが気になった?
[Q3] 一番印象に残ったシーンは?


<エンジェルサイド(純粋な自分)の感想>

[A1]
舞台は現実の東京なのに、どこか不思議な雰囲気。
ドラマチックというよりファンタジックな感じがしました。

叶わなかった、叶うはずがなかった「恋」「愛」「想い」…
物語の進行と同時に、そんな不実の願いがちょっとずつ叶っていく。
「よかったね」と思わず言いたくなります。

観た後は蝋燭の灯りのようにほんのりと、心に火がともる。
そんな映画でした。

[A2]
①銀ちゃん(吉川晃司)。あの男気がカッコよすぎる!ラストのサンタのシーンは泣ける!
②のぞみちゃん(田畑智子)。映画の雰囲気はこのキャラが出していたといってもいいかも。
それにしても田畑さんはこういう不思議系のキャラが似合いますね。

[A3]
静江さん(原田知世)がジャズバーに向かって行く時のキャンドルロード。
派手なイルミネーションなんか比べものにならないくらいキレイ!


<ダークサイド(無粋な自分)の感想>

[A1]
冒頭で物語の伏線をバンバン張るため、ついていくのにちょっと苦労。
そしてその山積みの問題は、奇跡的な確率で解決されていきます。
ご都合主義と笑わば笑え!
といった感じ。

あと、天体少年と病人モデルは必要だった?
そして…
終わり方はあれでよかったんだろうか……?この2点がどうにも消化不良。

[A2]
①不倫の女(井川遥)。こう言うのも何ですが、明らかに太ったような…。役作りかなぁ?
②じいさん(宇津井健)。着物でアメ車ってどうよ?それから、ラストのあれは飲酒運転では…?。

[A3]
銀ちゃんにサンタ衣装を貸した(あげた?)と思われるサンタクロースが人気のない路地にいきなり登場します。
ラストシーンで「サンタが日本に来たのは昨日の夜だ」とのぞみちゃんが言いますが、まさか本物って設定ですか?
にしてはヤケに胡散臭かったような…。それに間違いなく日本人だったし。
もし通りすがりの一般人だったとしたらちょっと無理矢理すぎるなぁ…。



といったところで本日はお開き。
今日も一日、生きてたことに感謝♪


Posted at 21:49 | 映画 | TB(5) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。